第五幼稚園の保護者の方
専用ページです
 

園情報

日野市立第五幼稚園
〒191-0032
東京都日野市三沢175
TEL/FAX:042-592-0432
 

サイト内検索

カウンタ

COUNTER215117

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
QRコード
 

学年・学級だより

学年・学級だより
12345
2021/03/31

修了生が遊びに来てくれました。②

| by:第五幼稚園
桜の花が満開になり、園庭が桜色に染まっています。


園庭から見る園舎側の風景も八小の桜が咲いて、見事です!

どこを見ても春爛漫の風景です。

昨日は今年、成人を迎えた修了生も遊びに来てくれました。
コロナウイルス感染防止対策で成人式が中止になったため、振袖を着ることができ
なかったので、今日、着物を着た姿を見せに来てくれました。


二人は私の担任時代の教え子です。
幼稚園の頃からずっと仲良しだそうです。
幼稚園からのつながりを大事にしてくれてうれしいです。
第五幼稚園を巣立ったみなさんの成長を楽しみに。そしてますますの活躍を願っています。
14:35 | 投票する | 投票数(12)
2021/03/29

修了生が遊びに来てくれました。

| by:第五幼稚園
春休みに入ったことと、第五幼稚園が3月31日で閉園となることから、幼稚園に関わってくださった方がたくさん、幼稚園を訪れてくれています。

修了生もたくさん顔を見せてくれています。26日は平成20年度の修了生、飯弘君と永吉君が幼稚園に遊びに来てくれました。
飯弘君は、今年度の全国高校サッカーで優勝したチームのメンバーです。メダルを持ってきてくれましたよ!永吉君も東京都ベスト8、チームのキャプテンだったそうです。二人とも幼いころから好きなことを一生懸命頑張って、成果を残してすごいですね!



園舎内を見たり、園庭の遊具で遊んだり、久しぶりの幼稚園を楽しんだ様子でした。
そしてこちらも久しぶり、「竹馬に乗りたい!」とのことで、倉庫から出してきて挑戦しました。





さすが!二人とも幼稚園の時と変わらず、見事に乗りこなしていました!!
20年度の運動会では高い竹馬に挑戦する姿をおうちの人たちに披露したことを先生たちも思い出しました。
昔取った杵柄とは、まさしくこのことですね!大きくなっても体が覚えているのですね。
第五幼稚園がなくなってしまうのは寂しいですが、大きく成長した修了生の皆さんに会うことができて、先生たちは本当にうれしいです。

第五幼稚園の修了生の皆さん、第五幼稚園の姿はなくなってしまいますが、皆さんの心の中に第五幼稚園の思い出がいつまでも残っていると嬉しいです。
18:45 | 投票する | 投票数(7)
2021/03/29

ありがとうの会

| by:第五幼稚園

3月16日、子どもたちが安全に登園できるよう、毎朝子どもたちの登園を見守ってくださった見守り隊のみなさんと、野菜の栽培や収穫を教えてくださったり、世話をしてくださったりしたせせらぎ農園の方に感謝の気持ちを伝える「ありがとうの会」を行いました。


お一人ずつ、幼稚園との思い出を話していただきました。
たんぽぽ組の子どもたちの成長をずっと温かく見守ってくださっていたことがわかりました。


幼稚園に通った2年間。そして、たんぽぽ組の子どもたちのお兄さん、お姉さんが第五幼稚園に通っていた子は、赤ちゃんの頃からみんなのことを見守ってくださっていました。
これからもずっと、みんなのことを見守ってくださることと思います。
これからも子どもたちのことをよろしくお願いいたします。

最後にみんなで笑顔で記念撮影をしました!

長い間、本当にありがとうございました。
18:30 | 投票する | 投票数(7) | 園長だより
2021/03/29

最後のお話会

| by:第五幼稚園


第五幼稚園では日々の教育活動の中で、たくさんの方々に園児たちを見守っていただいていました。
修了式前にはそのお世話になった方々に子どもたちと幼稚園から、お別れとありがとうの気持ちを伝える場をつくりました。
3月10日には、平成19年度から絵本の読み聞かせをしてくださった、はなだいこんの宮田先生と山口先生の最後の読み聞かせの日にありがとうを伝えました。

毎回「おはながわらった」の手遊びが始まると、「今日はどんなお話だろう…」と子どもたちも職員もわくわくしました。



最後の読み聞かせの絵本の中には、生まれつき手の指がない子のお話がありました。
これから出会ういろいろな人を大切に思う気持ちをもってほしいという思いから選ばれたそうです。
第五幼稚園の子どもたちも、たくさんの人に出会い、大切にしてもらいました。
優しくしてもらった子どもたちは、きっとこれから出会う人にも優しく、大切にしていくことと思います。

「さよならさんかく またきてしかく」のことば遊びは、いつまでも終わらないの楽しいのですが、「さよならなんだなぁ」と実感してさみしい気持ちも感じましたね。

 

宮田先生、山口先生、今までたくさんの絵本を読んでくださってありがとうございました!

18:15 | 投票する | 投票数(5) | 園長だより
2021/03/29

第47回 修了証書授与式

| by:第五幼稚園

3月24日水曜日、第47回第五幼稚園最後の修了式を挙行しました。
朝からきれいな青空が広がり、たんぽぽ組の子どもたちの修了を祝福してくれました。


子どもたち一人ひとりに、園長先生から修了証書を手渡しました。
証書を受け取るときに、将来の夢や小学生になったら頑張りたいことを、自分なりの言葉でおうちの人に伝えました。
言葉を伝える姿も証書を受け取る姿もとても素晴らしかったです。




園長先生の式辞では
コロナ禍で遊びや活動が制限された中でも、みんなが第五幼稚園最後の子どもたちとして立派にその役を果たしてくれたこと。みんなと過ごした1年間はとても素敵な思い出であること。幼稚園でたくさんの人とつながり、支えてもらったように、これからも人とのつながりを大切にしてほしいことを子どもたちに伝えました。


座っている姿、話を聞いている姿もとても立派でしたね!


お別れのことばでは、おうちの人や先生たちに幼稚園での思い出やこれからの思い
を伝えました。
閉園式の時のように、一人一人から伝えました。
自信をもって伝えることができましたね。
本番で力を発揮できるたんぽぽ組のみんなはやっぱりすごいです!


最後に園庭で担任から一人ずつ花を渡しました。
みんなの成長が嬉しい反面、幼稚園で過ごすのはこれで本当に最後なんだと、寂しい気持ちになりました。


たんぽぽ組のみんな、修了おめでとう!
小学校でも元気いっぱいなみんなでいてください。
そして保護者の皆さま、たくさんのご理解とご協力を本当にありがとうございました。地域の皆様も第五幼稚園、子どもたち、保護者の皆様、職員を支えていただき、感謝しております。

たんぽぽ組のみんなの活躍を、職員一同心から応援しています!
18:00 | 投票する | 投票数(8)
12345